廃校の前後

  創立以来、幾多の困難を経ながらも新時代の溌剌とした空気を吸ってきた
 群馬県尋常中学校は、明治19年の通常県会で県費の支出を打ち切り、中学校
 廃止という一大困難に遭遇することとなった。廃止を決定すると直ちに渋川
 町の石坂孫市氏をはじめ有志の熱心な働きによって20年3月、辛くも廃校
 は免れたものの、その経営は授業料と寄付金だけによってまかなわねばなら
 なかった。多くの生徒が四散し、校長大島貞益もその椅子を去ったあと、そ
 の最も困難な時期を維持した石坂孫市をはじめ多くの有志の尽力、県民全体、
 前橋市民さらには県庁役人の寄付など、我々は東奔西走、その熱心な援助を
 決して忘れることはできない。23年度から再び全額地方税支出となり、よ
 うやく旧に復することができた。この間、帝国憲法発布、教育勅語渙発、帝
 国議会開会が見られたのである。